にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
  • Hisano Bell

えっー! 何で、コスタリカなの ?What? Why do you want to move to Costa Rica?

最終更新: 9月17日


嘘でしょう! コスタリカって、あの中米にある国のこと?何でまた、そんな所へいくの?


これは、最初にコスタリカに移住するって言った時の、友人や知人やお客様の反応でした。

通訳業をやめ、誰も知人のいない、しかもスペイン語圏の国。私も、夫も、息子もスペイン語はまったくだめ。なのに、何でそんな開発途上国へ。。。このような反応って、誰しもが思うことですよね。私だって最初はそう思っていたのですから。

それまで長い間、日英の通訳・翻訳業をしていました。この仕事は出張が多く、飛行機、ホテル、訪問先の企業に住んでいるような、常に時差とストレスで体がぐちゃぐちゃになっている生活です。そんなライフスタイルに生きている意味が感じられなくなってきた矢先、2007年に当時13歳の息子が、”Mom, do you have to go to Japan again, this time, too? Do you really have to?” と言うのです。誕生以来、私の出張を当たり前に受け取ってきたと思っていたのですが、"Yes, I have to." "Why? Can't you stay at home like other moms?" ?" "But, I promised to my client and they need me. It will be hard for them to do negotiations without me." "I want you to stay at home, mom..."

の事があって以来、私の心の中にはいつも固いしこりが住むようになりました。

それまで最低でも月一回はノースカロライナ州から日本に飛んでいたのですが、数ヶ月後、20年近くお付き合いのあったクライアントにお願いし、私が行く代わりに日本に住む同僚を派遣することにしました。


これを機会に家族で出来ることをやってみようと皆で話し合い、まったく未知の国で生活することに合意。I wanted a change, a completely different way of living...っていうのが私の当時の本音だったと、今になって思います。寒さと蚊の多かったNC州(一応アメリカ南部の州なのですが、私たちにとって、冬は寒かった)を出て、一年中気候のよい国、息子の教育に対応できる国、国政が安定しており、軍隊のない国、物価が比較的安定していること、人々が穏やかなことなどを中心に調査した結果、夫と私が合意できたのがコスタリカでした。「中米のパラダイス(天国)」、「中米のスイス」というような表現をされるほど綺麗で穏やかな国という印象も決断要因の一つになりました。(この原稿は、Bloggerに2012年7月16日に投稿されたものの再投稿です。)


#コスタリカ移住#コスタリカ生活#スペイン語#中米のコスタリカ




(506) 8596-6572

Copyright @2020 All rights reserved.