にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
  • Hisano Bell

2005年、サンタ・テレサ海岸(Playa Santa Teresa)を訪ねる  

最終更新: 9月17日


サーフィンで有名なサンタ・テレサ海岸

"Mom, can you come to see the house I have been building which will be done soon at the Christmas time?"と当時22歳になる娘が言ってきたのは2005年の11月だった。娘がコスタリカに何度が行っているとは聞いていたものの、土地を買って、豪華版の貸家まで建てているとは。海の好きな娘はコスタリカでサーフィンのできるビーチで知られているサンタ・テレサ海岸(Playa Santa Teresa)から歩いて15分位の所で、パノラマビューで海の見える山の上に大きな土地を購入し、家を建てていたのだった。

サンタ・テレサ海岸の日没風景

このサンタ・テレサ海岸はニコヤ半島の最南端カボ・ブランコ国立公園より少し北側の太平洋に面したサーフィンで有名なビーチ。サーフィンの好きな若者や中年位までの旅行者が集まる、観光で成り立っている町。そのせいか、店舗やレストランが多く、けっこう美味しいお店が多い。 この旅で気づいたのは、村に一ヶ所しか電話の無かった15年前の旅行時とは打って変わり、殆どの人たちが携帯電話をもっていることだった。娘の家の管理をしている作業員まで携帯電話を持っていた。そして、サンタ・テレサにはインターネット・カフェーまであった。わずか8年の間にこれ程この国の状況が変わるとは思っていなかったので、びっくりだった。

プールが外から家の中まで続く豪邸!

娘の家は400㎡より少し大きめの二建ての家で、どの部屋からも海が見える。この家から見える海の風景には心が打たれた。プールは外から家の中まで続くように設計されており、寝室が3つ、プラス、テレビ室や屋上ベランダなどがある。もちろん居間、ダイニング、キッチンは別。娘は、米国のある有名な俳優が昔付き合っていたモデルさんの家の建築を担当したというドイツ系の女性建築家に見取り図と現場監督を頼んだという。娘の夢の大きさ・大胆さに度肝を抜かれたクリスマス旅行だった。

当時22歳でこの家を建てている娘とキャノピーライドを!

この旅行をキッカケに私達家族のコスタリカに対する見方や態度が少しずつ変化するようになっていった。そして、15年前の経験が必ずしもコスタリカ全体には当てはまらないということも知るようになった。もしからした、好きになれる国かもしれない。。。


{この投稿はブロガーに2012年7月に投稿したものの改定版です。)





















(506) 8596-6572

Copyright @2020 All rights reserved.