にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
  • Hisano Bell

英語を上手に話す為に第一に必要な事とは? What is the most important element for you to speak English well?)

最終更新: 9月17日

英語の単語、句、文章、かつ文法を丸暗記すれば、英語を話せるようになるはずだ、と一般的には思われています。そういうふうに考えるように教わってきていますので、そのように学ぼうとするのです。もう、お気づきだと思うのですが、殆どの場合、そのように事は運びません。その証拠を見たければ、中卒や高卒のどれだけの日本人が英語を話せるか考えてみて下さい。彼らの殆どが英語が話せないだけでなく、読んだり、書いたりする事も出来ないというのが事実です。(Generally speaking, we think that if we memorize words, phrases, sentences, and grammatical rules in English, we should be able to speak English. That is how we have been taught. Therefore, we follow that way of learning. Most of the time, as you know, this way does not work. If you want to see proof of this, think about how many Japanese people who graduated from middle school and high school, can speak English. Almost all of them are NOT capable of not only speaking but also reading or writing in English.)

では、それは何故なのでしょうか?日本の教育システムでは、中学校および高校においては、毎週数時間の英語のクラスを受講しなければなりません。大学における英語教育も含めると、どの位の時間を生徒は英語学習に費やしてきたのでしょうか?その結果は?ほんの僅かという結果です。何故だろう?と誰でも思いますよね。(Why is that? In the Japanese education system, all the students in middle school and high school need to study English several hours per week to pass the grades. After spending so many hours of learning English, especially if you include those who graduated from university, how many hours have they spent learning English? The result shown is so little… “Why is that?” we wonder.)

文化的見地からすると、学校では、真の意味で自信をもって他と意思の疎通を図るという事は教えられていませんし、推奨されてもいません。「出る杭は打たれる」という日本のことわざがありますが、このような文化的な背景から、無意識のうちに私達は自分の希望、思考、疑問、質問、感情等を話す事を恐れてしまいます。良い習性と考えられている「沈黙は金なり」ということわざにしても、自分の思考を沈黙の世界に収め、表現される事はない、それが、黄金の資質なのです。(From a cultural perspective, it is because, in school, we are not taught nor encouraged to communicate with others with confidence. There is an old saying in Japan, “A nail that stands out will be hammered down.“ Because of this cultural background, unconsciously, we are afraid of speaking our own desires, thoughts, doubts, questions, feelings, and everything else. Like another saying, "Silence is gold," which is considered to be positive, we keep our thoughts into silence, which never gets communicated.)

このような行動を取り続けていると、どんなに頑張って単語や句や文章、そして文法を暗記しても、英語(またはいかなる言語であれ)を自由自在に話す事は出来ません。何故できないか?他人と話しをする為には、自分の思考、感情、アイデア等を相手に投げかけ、表現しなければならないという事なのです。まず、第一に、自分が何を話したいのか知らなければなりません。かつ、自分が他人に対して自分を表現する事(自己表現)を自分に許してあげる必要があります。英語圏の世界では、自己表現は生存のために必須であり、肯定的に受け取られています。日本に住む方にとって自己表現を自由にするということは易しい事ではないという事は分かります。多くの人は、自分自身がそういう習性にあるという事についてさえ気づかないでいると思います。なぜなら、そのような習性は私達の無意識の中に深く浸透されているからです。When we behave like this all the time, no matter how much you memorize words, phrases, sentences, and grammars, you will not be able to speak English (or any language) freely and fluently. Why? To be able to speak, you will have to put out your thoughts, feelings, and ideas to the other person(s) you are talking to. First, you need to know what you want to talk about and allow yourself to express yourself to others. In the English-speaking world, self-expression is a good and necessary thing for survival. I understand that it is not so easy to do that in Japan. I bet most of the time, we are not even aware that we have been conditioned not to speak out our own minds or feelings, because it is deeply instilled in our subconscious minds.     


では、どうやってそのような無意識に潜む文化的な束縛から自分を解放できるのでしょうか?それこそが、English by Hisanoの英語コーチングで学習・実践する事なのです。まず、最初に、どのようにして自分の声を出すかを学びます。これが、これまで自分の中に隠れていた英語の能力を引き出す為にすべき最初の事なのです。そうです、あなたの自然で力強い声こそが、英語の母音と子音の発音を正しくする際の必需品となのです。声がだんだん

自然に出てくるようになると、必ず自信がついてきます。学習が成功するか否かはその自信にかかっています。(Well, then, how can we free ourselves from such unconscious cultural restraints? That is what you will learn from and practice at your English lessons at English by Hisano coaching. I first show you how to release your voice. This is the first step to help you release your hidden English capability. Yes, your naturally powerful voice is necessary to pronounce all those English consonants and vowels. Once you learn how to get your naturally strong voice out, then you will start having confidence in yourself, which is a must for any successful learning!)


#英語 #英会話 #英語の正しい発音 #自己表現 #EnglishbyHisano



22回の閲覧

(506) 8596-6572

Copyright @2020 All rights reserved.